笑い皺はメイクでカバーしよう

 

笑い皺は1度できるとなかなか無くなりませんよね。

 

そんな時は、メイクをちょっとだけ工夫してみませんか。

 

ちょっとポイントを押さえてメイクするだけで、いつもよりシワが目立たないかもしれません!

 

ここでは笑い皺をカバーするメイクについて、ポイントをご紹介していきますね☆

 

 

シワが気になる所にはパウダーを乗せない

 

笑い皺が気になる箇所にパウダーを乗せてしまうと、シワが更に目立ってしまいます。

 

パウダーを乗せてひび割れたり、乾燥してカピカピになった経験はありませんか?

 

そうならないためにも、パウダーを乗せるのはTゾーンや頬だけにして、その他はリキッドorクリームタイプのファンデを使いましょう。

 

ツヤ感重視…ということで!(笑)

 

「でも、どうしても顔がテカるし…」という人は、あぶらとり紙で余分な皮脂を取り除いてできるだけ少ない量のパウダーをそっと乗せるようにしましょう。

 

ファンデにオイルorクリームを混ぜる

 

笑い皺を目立たせないために、ファンデ(下地)にオイルやクリームを混ぜて塗るのもおすすめです。

 

ベタベタして嫌という人は、笑い皺が気になる所だけ混ぜて塗るようにしましょう。

 

そうすることで肌がしっとりしてシワが寄りにくくなりますし、ひび割れにくくなりますよ。

 

乾燥したオフィスにいる時間が長い人やメイク直しをする時間がなかなかない人、乾燥しやすい冬などにオススメの方法です。

 

 

メイク直しは乳液で

 

メイク直しする時間がある人は、乳液でふきとってから直すようにしましょう。

 

にじんだアイラインやひび割れた部分を、乳液をつけたコットンや綿棒でそっと拭き取る感じですね。

 

そうすることでシワっぽさが軽減されます。

 

乾燥するとシワっぽさが増し、笑い皺も悪化してしまいますので注意しましょう。

 

 

アイシャドウはクリームタイプを

 

目元の笑い皺が気になる人は、アイシャドウはクリームタイプがおすすめです。

 

パウダータイプのものだと、時間がたつと下まぶたに落ちてきたりするので、シワを目立たせてしまうからです。

 

パウダータイプのものを使うときは、アイシャドウのもちを良くするベースを塗るようにして、できればクリームシャドウがおすすめですね。

 

思い切ってアイシャドウは無しにして、アイラインとマスカラだけにしてみるのもアリですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です