目元の笑い皺が気になる|笑い皺の原因とセルフケア

 

「笑うと目元に笑い皺が…!ショック…」

 

そんな時は、セルフケアを見直してみましょう。

 

ここでは、笑い皺の原因とシワをなくすセルフケアについてまとめました!

 

 

笑い皺の原因

 

笑い皺の原因は1つではありません。

 

シワの原因=乾燥!と思っている人は多いと思いますが、乾燥だけでなく「肌の弾力不足」や「表情の衰え」なども笑い皺の原因になります。

 

加齢や紫外線、乾燥によって肌の弾力がなくなってくると笑い皺ができやすくなりますし、年とともに表情筋が衰えてくると顔がたるんでシワができやすい肌状態になってしまいます。

 

あなたの笑い皺は、いくつもの原因が重なってできているのです。

 

 

目元の笑い皺の原因

 

目元は顔の中で1番皮膚が薄く、その薄さは頬の2分の1以下といわれています。

 

それだけ皮膚が薄いということは、水分(うるおい)を溜めておける層も薄かったり、

 

肌に弾力を出しているコラーゲンがある層(真皮層)も薄いということなので、特にシワができやすいという事でもあります。

 

目元は 笑ったり怒ったり驚いたり…とよく動かすパーツなのでなおさらです。

 

いつも怒っている人は眉間にシワができてしまうように、笑うことが多い人は目元や口元に笑い皺が刻まれやすいのです。

 

 

目元の笑い皺をなくすには?

それだけシワができやすい目元には、贅沢すぎるかな?というくらいのスペシャルケアを毎日しましょう。

 

クレンジングや洗顔は洗浄力の強すぎないものを使うようにして、肌のうるおい(皮脂)を取りすぎないようにしましょう。

 

目元は皮脂の分泌がほとんどないパーツなので、必要以上にうるおいを奪わないことは大切です。

 

洗顔が終わったら、化粧水でたっぷり水分をチャージして美容液を塗り、アイクリームも忘れずに塗りましょう。

 

余裕があればフェイスパックをするのも良いですね。

 

アイクリームは目元のデリケートな皮膚に浸透しやすいように作られているので、目元の笑い皺に悩んでいる人は必ず使うようにしましょう。

 

肌をこすらないようにそ~っと優しく塗ったら、上からラップをかけてしっかり浸透させましょう。

 

ラップを取ったらクリームやゲルなどで仕上げて完了です。

 

これでもか!というくらいの手厚いケアを早い段階でしておくことで、笑い皺の予防・改善になります。

 

今あるシワを薄くするだけでなく、未来のシワを予防するためにも、毎日のお手入れをがんばりましょう^^

 

笑い皺をカンペキに消すならやっぱりボトックス!

 

スキンケアをがんばってもシワが消えないときは、プチ整形を考えてみるのもアリです。

 

プチ整形といっても色々ありますが、笑い皺のような”表情ジワ”を消すにはボトックス注射が最適です。

 

ボトックスは「表情を変えた時にできるシワ」を消すものなので、笑い皺が気になる人にはピッタリなんですよね。

 

というと、「でも、副作用とかないの?」という不安がまずよぎると思うので、ボトックスの副作用や相場、効果の持続期間など、詳細をここではお伝えしますね!

 

ボトックスでなぜシワが消えるの?

ボトックスは「表情筋が過剰に動くのを抑える」という働きをするので、笑った時に表情筋が収縮しづらくなり、シワができなくなるという仕組みになっています。

 

笑い皺ができるのは加齢による肌の弾力不足のほかに「表情の癖」が原因ですが、ボトックスを打つことでこの表情の癖もリセットすることができるので、今あるシワをなくすだけでなく未来のシワを予防することにもなります。

 

 

ボトックスの副作用は?

そんな魔法みたいなことがあるの?!と思うかもしれません。

 

でも、ボトックスにもやはり多少の副作用があります。

 

まず、ボトックスは筋肉の動きを弱める働きがあるので、打ちすぎると表情が不自然になってしまいます。

 

例えばおでこにボトックスを打ちすぎると目が開きづらくなったり…といったように日常生活に支障をきたす場合があります。

 

経験の浅いドクターがたくさん打ちすぎた…などのハプニングがない限り稀なことですが、「表情がこわばったり不自然になる可能性がある」ということを覚えておきましょう。

 

そして、アレルギーの心配もゼロではありません。

 

ボトックスは眼瞼痙攣や顔面麻痺などの治療薬としても使われているので、というかもともとそのために開発されたものなので安全性は確かなのですが、アレルギーの心配がゼロとは言えないのです。

 

ボトックスは安全性が高いですが、打つ時はこの2点を副作用として理解してから打つようにしましょう。

 

 

ボトックスの相場・効果は?どれくらいもつの?

 

ボトックスの相場は、使用する薬剤の種類によって異なります。

 

韓国や中国産の安いもの(数千円~)もあれば、1カ所数万するものもありますが、やはり高いものの方が安全性が高くなります。

 

ボトックスの効果は3~4か月と言われていますが、何回も繰り返し打ち続けることで持ちが良くなるようです。

 

「繰り返し打たないといけない」ということは面倒なように思えますが、考え方を変えれば「失敗したり副作用があったとしても時間がたてば元に戻る」ということでもありますよね。

 

元に戻らないとなるとリスクも高くなりますが、もとに戻るのならやってみようかな?とハードルが低くなりますよね。

 

スキンケアだけで限界を感じているなら、ボトックスを試してみるのも1つの手でかもしれません。

 

迷っている人は、クリニックに1度相談にいってみましょう。

 

 

紫外線は笑い皺をつくる|紫外線を徹底的にカットするには

 

紫外線は笑い皺をつくります。

 

笑い皺の原因はいくつかありますが、紫外線は肌老化そのものを早めてしまいます。

 

「紫外線の恐ろしさ」と「紫外線を徹底的にカットする方法」についてここではお伝えしていきますね!

 

 

紫外線は肌のコラーゲンを壊す

 

紫外線にはUV-A波、UV-B波、そしてUV-C波の3タイプの光線がありますが、肌のコラーゲンを壊して笑い皺の原因になるのがこのうちUV-A波になります。

 

UV-A波は肌の「真皮層」と呼ばれる所まで入り込んでしまうので、真皮層にあるコラーゲンを破壊してしまいます。

 

コラーゲンは肌のハリ・弾力をキープするのに欠かせない成分なので、これが壊されてしまうと、笑い皺だけでなく たるみや毛穴ができてしまうのです。

 

 

紫外線を徹底的にカットするには?

 

1.PA値の高い日焼け止めを

笑い皺をつくるUV-A波をカットするには、PA値の高い日焼け止めを使うと良いでしょう。

 

PAの横に+がついていると思いますが、+が多ければ多いほどPA値が高く、UV-A波を強力にカットすることができます。

 

今度から日焼け止めを買う時は、パッケージのPA値を確認して選んでみましょう^^

 

 

2.UVカット効果のあるメガネを活用

サングラスをかければ紫外線をカットできますが、毎日のようにかけるのもあれだし、まぶしくもないのにかけるのはちょっと…という時は、UVカット効果のあるメガネを活用してみましょう。

 

おしゃれなだてメガネ風にしてかければ自然ですし、まぶしくない時でも1年中使う事ができて便利ですよ♪

 

紫外線は窓ガラスも通過してしまうので、車の中でもかけるようにしましょう。

 

 

3.ビタミンCで体内から抗酸化

内側からもUV対策を取りいれれば、より完璧です。

 

日焼けしそうな日は抗酸化作用のあるビタミンCを多めに摂取して、内側からの対策もプラスしましょう。

 

お出かけ前にイチゴやパプリカなどのビタミンCを含む食べ物を食べたり、サプリを飲むのもおすすめです。

 

レモンやオレンジなどの柑橘類にもビタミンCは含まれていますが、これらには「ソラレン」という光毒性のある物質が含まれているため、これらを食べた後に日光にあたるとシミやできやすくなってしまいます。

 

柑橘類を食べる時はなるべく夕方以降に食べるようにしましょう。

 

 

4.飲む日焼け止めを活用

飲む日焼け止めを活用するのも良いですね。

 

飲むだけで、体の内側から日焼け対策ができてしまいます。

 

1日外にいる日や日焼け止めを塗るのが面倒くさい時などに便利なアイテムです。

 

口元の笑い皺が気になる|スキンケアで予防・改善するには

 

「ふとした瞬間鏡を見ると、口元がシワシワ…!」

とショックを受けたことはありませんか?

 

口元・目元はよく動かす箇所なので、シワ(笑い皺)ができやすいパーツです。

 

シワを見つけたらすぐにケアを始める事で、シワの悪化を防ぐだけでなくシワを薄くすることも可能です。

 

口元の笑い皺の原因

口元に笑い皺ができるのは、

・乾燥

・肌の弾力不足

・表情の癖

 

などがおもな原因です。

 

シワ=乾燥が原因というイメージがあるかもしれませんが、笑い皺の場合は乾燥のほかにこういった原因も絡んでいます。

 

乾燥だけが原因でシワができることもありますが、保湿をしたりお風呂に入ったりすればすぐに消えます。

 

もしあなたが「笑い皺が消えなくなった…」と悩んでいるなら、それは乾燥だけが原因ではないということです。

 

「肌の弾力不足」や「表情筋の衰え」を疑いましょう。

 

 

口元の笑い皺を改善するスキンケア

 

できてしまった口元の笑い皺を改善するには、

・肌の弾力アップ

・保湿(乾燥対策)

・表情筋ケア

 

の3つをがんばりましょう。

 

肌の弾力をアップさせ、顔の筋肉を鍛えて引き締めることでシワの寄りにくい肌状態をつくっていきます。

 

肌の弾力アップ

肌の弾力をアップさせるには、「コラーゲンを増やす成分」が配合されている化粧品を使うと良いでしょう。

 

具体的にいうと「レチノール」や「ビタミンC誘導体」などですね。これらの成分は肌に作用して、コラーゲンの生成を促してくれます。

 

「笑い皺だけを本当になんとかしたい!」という人にはレチノール、「笑い皺だけじゃなくて毛穴・シミ・ニキビも気になる…」という人にはビタミンC誘導体がおすすめです。

 

トライアルセットなどをたくさん試してみて、自分の肌に合うものを探してみると良いですね。

 

 

保湿(乾燥対策)

次に、保湿もがんばりましょう。

 

乾燥だけが原因で笑い皺が定着することはありませんが、肌が乾燥すると笑い皺が悪化してしまうからです。

 

保湿成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど)がたっぷり配合されている化粧品でケアして、お肌を乾燥させないように気をつけましょう。

 

お風呂上りにパックをしたり、スリーピングパックを塗って寝るのも良いですね。

 

加湿器がある人はつけて、部屋の湿度に気を遣うとなおさら〇です!

 

 

表情筋ケア

表情筋が衰えると顔がたるみ、シワの原因になってしまいます。

 

体と同じように顔の筋肉も、使われないと衰えてしまいますので、エクササイズをして鍛えましょう。

 

口元の表情筋を鍛えるエクササイズを1つご紹介します。

1.ペットボトル(500ml)を用意して少しだけ水を入れる

2.歯を使わず唇だけで加える→持ち上げる

3.限界までキープし続ける(60~90秒間くらい)

 

☆水の量は4分の1くらいが目安ですが、お好みで調節してください。

☆1~3までを1セットとして、1日3回おこないましょう。

 

参考:http://www.xn--n8jt53sgzc.net/

 

笑い皺ができるのはなぜ?4つの原因

 

笑い皺があると一気に老けて見えるし、なんとか消したいものですよね。

 

笑い皺はなぜできてしまうのでしょうか?

 

原因を詳しく知って、予防・改善に役立てましょう。

 

笑い皺ができる4つの原因

 

1.肌の弾力不足
肌のハリ・弾力が不足すると笑い皺はできやすくなってしまいます。

 

若い頃はお肌がピチピチなのでハリ・弾力がたっぷりありますが、年とともに弾力がなくなってくると笑い皺ができてしまうのです。

 

そう聞くと「やっぱり年のせいか…」と目をそむけたくなりますよね( :_;)

 

でも、肌の弾力がなくなるのは加齢のほかに紫外線や乾燥なども原因とされており、これらを防ぐことが肌のハリ・弾力をキープすることにつながります。

 

年齢を重ねても肌にハリ・弾力がある人もいるので、あきらめずにスキンケアをがんばってハリ肌をキープしていきましょう。

 

2.乾燥
肌の乾燥も笑い皺ができる原因の1つです。

 

乾燥すると肌(角層)がうるおい不足の状態になり、ハリ・弾力がなくなったり毛穴が目立ったりしてしまいます。

 

そうならないためにも普段から保湿ケアや乾燥対策を抜かりなくおこないましょう。

 

加湿器がある人は活用して、保湿成分がたっぷり配合されている化粧品でスキンケアを続けましょう。

 

3.表情の癖
笑い皺は「笑う」という表情の癖によってできるシワです。

 

なので、乾燥が原因でできるシワとは違い、保湿をがんばってもなかなか消えてくれません。

 

極論を言えば、笑わなければシワはできませんし、シワが深くなることはありません。

 

いつも眉間にシワを寄せているとシワが定着してしまうように、笑い皺も笑顔が原因でできてしまうのです。

 

なのでよく笑う人ほど笑い皺はできやすくなってしまいます。

 

4.紫外線
紫外線も笑い皺ができる大きな原因の1つです。

 

肌が老化する原因は「酸化」や「乾燥」などいくつかありますが、紫外線が肌に与える影響は大きく、「肌老化の原因の65%を占める」と言われているほどです。

 

紫外線はまさに、美肌の大敵なのです!

 

で、紫外線は「真皮層」と呼ばれる肌の奥の部分にまで届いてしまうので、お肌を土台から壊して、老化を早めてしまいます(!)

 

また、紫外線は活性酸素も発生させてしまうので、お肌の老化をはやめてしまうということもあります。

 

紫外線は笑い皺をつくるだけでなく、美肌のためには百害あって一利なしなのです。

 

笑い皺をつくる4つの原因:まとめ

・肌の弾力不足
・乾燥
・表情の癖
・紫外線

 

笑い皺が気になる人の化粧品の選び方

 

笑い皺を消したい…という時は、化粧品選びにこだわってみましょう。
なんとなくで選ぶのではなく、ポイントを押さえて選ぶことで効率的に笑い皺をケアすることができます。

 

「笑い皺をなくす化粧品選びのポイント」をいくつかご紹介していきますね。

 

笑い皺をなくす!化粧品選びのポイント3つ

1.保湿成分

まず、保湿成分がたっぷり配合されているかがポイントです。

 

たっぷりの保湿成分で肌をうるおわせることで、小じわのできにくい肌をつくることができます。

 

肌が乾燥すると笑い皺は悪化してしまうので、毎日のお手入れでうるおいをチャージしましょう。

 

保湿成分といっても色々ありますが、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどがおすすめです。

 

これらの成分は保湿力が高いので、肌の中にうるおいを密封してくれます。

 

化粧品の裏表示をチェックして、できるだけ前の方に表記されているものを選びましょう。

 

後ろの方に書かれているものはほんのちょっとしか入っていないので、あまり効果を期待できません。

 

 

2.肌のコラーゲン強化成分
つぎに、「肌のコラーゲンを強化できるかどうか」も大事なポイントです。

 

肌のコラーゲンは年とともにどんどん減っていくので、スキンケアで補わなければどんどん肌のハリが失われていきますからね。

 

減ってしまったコラーゲンをチャージするには、「レチノール」または「ビタミンC誘導体」が配合されている化粧品を選びましょう。

 

レチノールやビタミンC誘導体には肌のコラーゲンを増やす作用があるので、これらでスキンケアすることで肌のハリ・弾力をアップさせることができます。

 

コラーゲンそのものが配合されている化粧品ではなく、コラーゲンを増やす成分が配合されている化粧品というのがポイントです。

 

コラーゲンは分子が大きく、肌の奥まで入っていけないからです。(保湿成分としては優秀ですが)

 

「コラーゲンをそのまま塗っても肌のコラーゲンは増えない」ということを覚えておいてくださいね^^

 

3.使用感が良いかどうか
さいごに、「使用感が良いかどうか?」も大事です。

 

こればかりは個人差がありますが、使用感が良いものは使った瞬間「これ、いいかも!」ってなりませんか?

 

なりますよね。笑

 

みんなが良いといっているものでも、使用感があんまり好きじゃなかったり自分の肌に合ってなかったとしたら、効果も半減してしまいますからね。

 

自分の肌に合っていて、心地よいと思えるものを、これは効きそう!と思えるものを使うことが大事なんです。

 

肌は正直なので、トライアルセットが出ているものはそれを使って、まずは自分の肌で確かめてみましょう。

 

色んなトライアルセットを試すことで、自分の肌に合ったものも見つけやすくなりますよ。

 

笑い皺はメイクでカバーしよう

 

笑い皺は1度できるとなかなか無くなりませんよね。

 

そんな時は、メイクをちょっとだけ工夫してみませんか。

 

ちょっとポイントを押さえてメイクするだけで、いつもよりシワが目立たないかもしれません!

 

ここでは笑い皺をカバーするメイクについて、ポイントをご紹介していきますね☆

 

 

シワが気になる所にはパウダーを乗せない

 

笑い皺が気になる箇所にパウダーを乗せてしまうと、シワが更に目立ってしまいます。

 

パウダーを乗せてひび割れたり、乾燥してカピカピになった経験はありませんか?

 

そうならないためにも、パウダーを乗せるのはTゾーンや頬だけにして、その他はリキッドorクリームタイプのファンデを使いましょう。

 

ツヤ感重視…ということで!(笑)

 

「でも、どうしても顔がテカるし…」という人は、あぶらとり紙で余分な皮脂を取り除いてできるだけ少ない量のパウダーをそっと乗せるようにしましょう。

 

ファンデにオイルorクリームを混ぜる

 

笑い皺を目立たせないために、ファンデ(下地)にオイルやクリームを混ぜて塗るのもおすすめです。

 

ベタベタして嫌という人は、笑い皺が気になる所だけ混ぜて塗るようにしましょう。

 

そうすることで肌がしっとりしてシワが寄りにくくなりますし、ひび割れにくくなりますよ。

 

乾燥したオフィスにいる時間が長い人やメイク直しをする時間がなかなかない人、乾燥しやすい冬などにオススメの方法です。

 

 

メイク直しは乳液で

 

メイク直しする時間がある人は、乳液でふきとってから直すようにしましょう。

 

にじんだアイラインやひび割れた部分を、乳液をつけたコットンや綿棒でそっと拭き取る感じですね。

 

そうすることでシワっぽさが軽減されます。

 

乾燥するとシワっぽさが増し、笑い皺も悪化してしまいますので注意しましょう。

 

 

アイシャドウはクリームタイプを

 

目元の笑い皺が気になる人は、アイシャドウはクリームタイプがおすすめです。

 

パウダータイプのものだと、時間がたつと下まぶたに落ちてきたりするので、シワを目立たせてしまうからです。

 

パウダータイプのものを使うときは、アイシャドウのもちを良くするベースを塗るようにして、できればクリームシャドウがおすすめですね。

 

思い切ってアイシャドウは無しにして、アイラインとマスカラだけにしてみるのもアリですね!

 

笑い皺が気になる時はどんなスキンケアをしたら良い?

 

笑い皺が気になる…という時は、スキンケアを見直してみましょう。

 

笑い皺をなくす・薄くするスキンケアをここではご紹介しますね!

 

いくつかポイントをまとめてみました♪

 

たっぷり保湿

まず外せないのが保湿ですね。

 

お肌が乾燥して良いことは1つもないので、保湿は抜かりなくおこないましょう。

 

でも、一口に「保湿」といっても、その辺にあった化粧品でやみくもに保湿すれば良いわけではありません。

 

せっかくなら成分にこだわって化粧品を選んでいきましょう。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、プロテオグリカンなどの「高保湿成分」でケアしたほうが、効率的に肌をうるおわせることができますよ。

 

これからはこれらの成分が配合されているものをチョイスして、肌にうるおいを密封しちゃいましょう。

 

肌の弾力アップ

つぎに、肌の弾力をアップさせていきましょう。

 

肌の弾力がなくなったのは、「肌のコラーゲンが減ってしまったから」です。

 

なので、減ってしまったコラーゲンをスキンケアで増やしていくことで、肌にハリ・弾力を復活させていきましょう。

 

そうすることで笑い皺の予防・改善につながります^^

 

具体的にいうと、

・ピーリング
・有効成分でケア

の2つの方法でケアすることで肌のコラーゲンを増やしていくことができます。

 

・ピーリング
ピーリングとは「肌の古い角質を取り除く」スキンケアで、肌の代謝をアップさせてコラーゲンを増やすことができます。

 

ピーリングを続けることで肌がふっくらとしてくるので、週に1~2回ほど取り入れてみましょう。

 

・有効成分でケア
「レチノール」や「ビタミンC誘導体」などの有効成分でケアするのもおすすめです。

 

これらの成分には肌のコラーゲンの生成を促す作用があるからです。

 

レチノールorビタミンC誘導体が配合されている化粧品でケアすることで、肌のコラーゲンアップにつながります。

 

紫外線対策
これは予防になりますが、紫外線対策も欠かせません。

 

「肌老化の約65%は紫外線によるもの」と言われているほどなので、紫外線対策は抜かりなくおこないましょう。

 

外出するときは必ず日焼け止めを塗るようにして、日傘や帽子、サングラスをやUVカットめがねなどを活用するのも良いですね。

 

紫外線は年中出ているので100%カットするのは不可能ですが、出来るかぎりの対策をコツコツ続けていきましょう。

 

笑い皺は何ジワ?シワには3種類あった!

 

シワはシワでも、いくつか種類があることをご存知ですか。

 

シワの種類によって原因や対策が違ってきたりするので、知っておいて損はありません。

 

ここではシワの種類や対策についてご紹介していきますね!

 

 

シワには3種類あった!

 

乾燥による小じわ

 

1つめは「乾燥による小じわ」ですね。

 

乾燥が原因で一時的に出来ているだけなので、若い人や子供にもできることがあります。

 

不足したうるおいを補給(保湿)すれば消えるので、小じわができたからと言ってあまり深刻になる必要はありません。

 

乾燥対策をすれば防げるシワなので、保湿ケアを怠らないようにがんばりましょう。

 

加湿器をつけたり、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分でスキンケアをして、乾燥する隙のない肌をつくっていきましょう^^b

 

 

表情ジワ

 

2つめは「表情ジワ」ですね。

 

表情ジワとは、「表情を変えたときにできるシワ」のことです。名前のまんまですね。

 

「笑った時」や「顔をしかめた時」のように表情筋を動かしたときにできるシワで、笑い皺はこのタイプに該当します。

 

このタイプのシワの1番の改善策は、ズバリ「表情の癖を直す」ことです!

 

・顔をしかめるのをやめる

・眉間にシワを寄せるのをやめる

という風にです。

 

でも、「笑わない」というわけにはいかないので、笑い皺を正すのはちょっと難しいんですよね。

 

笑わないようにすることもできるかもしれませんが、「取っつきにくい人」とか「愛想悪い人」になってしまうし、

 

あまり大きく笑わないようにすると「なんとなく表情の乏しい人」という印象になってしまいますよね(:_;)

 

目元の笑い皺が気になる人は目元にあまり力を入れないようにして笑うという方法もありますが、目が笑ってない感じになるのであまりおすすめできません。

 

表情ジワを完全になくすなら、ボトックスが1番です。

 

「整形かよ!」と思うかもしれませんが、ボトックスは「表情を変えたときに出来るシワ」に効果を発揮するので、笑い皺を消すにはピッタリなんです。

 

で、ボトックスをするのが1番きれいにシワが消えるんですが、難しい場合は「肌にハリを与えるスキンケア」をしていきましょう。

 

ピーリングや有効成分(レチノールやビタミンC誘導体など)でケアすることで、肌のコラーゲンが増えてハリ・弾力をアップさせることができますよ^^

 

 

真皮ジワ

 

最後は「真皮(しんぴ)ジワ」ですね。これがこの中で1番深いシワになります。

 

2の表情ジワは表情を変えたときにだけ出来るシワですが、真皮ジワは常に消えません。

 

笑った時も真顔のときも、寝ているときも起きている時も常にくっきりと刻まれてしまっています。

 

2の表情ジワが進行すると真皮ジワになってしまうので、表情ジワの段階で正しいケアをして食い止めることが超大事です!

 

2でご紹介した肌の弾力をアップさせるスキンケア(ピーリングや有効成分でのケア)を継続しておこなって、シワの進行を食い止めていきましょう。

 

笑い皺を改善するには?サプリのすすめ

 

笑い皺を改善するには、スキンケアだけでなく

 

食生活やサプリなどでインナーケアも取りいれていきましょう。

 

笑い皺改善のためには、どんなサプリが効果的なのでしょうか。

 

ここではサプリ選びのポイントについてまとめてみました!

 

 

抗酸化作用のあるもの

 

サプリを選ぶときは、「抗酸化作用」のあるものが良いでしょう。

 

水素やビタミン類、プラセンタ、リコピンなどのサプリですね。

 

レズベラトロールやアスタキサンチン、コエンザイムQ10、ピクノジェノールなども抗酸化作用のある成分として有名です。

 

抗酸化作用があるものなら活性酸素に対抗できるので、肌の老化を遅らせる(アンチエイジング)ことができますよ。

 

活性酸素は肌の老化を早めてしまうので、できるだけ発生を抑える&抗酸化作用のある食材やサプリでのインナーケアをしていきましょう。

 

ストレスが溜まっていたり、

 

食生活が偏っていたり、

 

お酒・たばこをたくさん吸っていたりすると活性酸素がたくさん発生してしまうので、気を付けるようにしましょう。

 

 

肌にハリを与えるもの

 

肌のハリ・弾力をアップさせてくれるサプリ成分もおすすめですね。

 

笑い皺は肌のハリ・弾力が低下するとできやすくなるので、サプリで肌力をアップさせていきましょう。

 

おすすめはプラセンタです。

 

なんでプラセンタなのかというと、「プラセンタには肌のコラーゲンを増やす作用がある」といわれているからです。

 

もっと細かくいうと、「肌のコラーゲンを作り出している細胞を活性化する作用」がプラセンタにはあるため肌がコラーゲンをたくさん作り出せるようになり、ハリ・弾力がアップする!という仕組みです。

 

プラセンタには抗酸化作用もあるので、活性酸素も除去してくれます♪

 

さらにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、核酸・・・などの体に必須の栄養素がたっぷり含まれているので、栄養補給にもなります☆

 

プラセンタサプリを飲むだけで、

 

・活性酸素除去してアンチエイジング

・肌のハリ・弾力アップ

・栄養補給

 

の3つが同時に叶うのです。

 

プラセンタサプリを飲んだことがなくて笑い皺をなんとかしたい!という方は、1度試してみると良いかもしれません。

 

プラセンタサプリには動物プラセンタ(馬or豚)、植物プラセンタ、そしてマリンプラセンタがありますが、

 

動物のプラセンタに抵抗がないという方以外は馬のプラセンタがおすすめですね。

 

馬のプラセンタは豚のそれよりも濃厚で肉厚なので、少量で高い効果を得られるといわれているからです。

 

どれが良いか分からない…という時は馬のプラセンタサプリ、試してみてはいかがでしょうか^^